(一社)岡山県警備業協会は、会員である警備会社に所属する警備員の資質向上に努め、社会公共の安全に寄与することを目的に運営されています。

サイトマップ
OSSA 一般社団法人 岡山県警備業協会 OKAYAMA SECURITY SERVICE ASSOCATION
岡山県警備業協会について会員企業紹介警備業の種類警備員教育・講習あっせん図書警備業関連参考資料 警備業各種申請書入会案内お知らせお問い合せサイトマップリンク会員専用ページ

警備員教育・講習

警備員教育制度

警備員教育制度 岡山県警備業協会では、警備員教育を徹底し、警備員の質的向上を図るとともに、全ての警備員が警備の根幹をなす安全に対する高度な知識と技能、的確な判断力を持てるように養成しています。
警備業法では警備員に対する教育を厳格に定めています。
加盟各社におきましては、地域社会の信頼と期待に応えるために、警備員に対して一定水準以上の教育を徹底し、警備のプロフェッショナルとしての育成に努めています。

警備員教育の実施(法的義務)

警備員は警備の専門職を目指し、常に自己研鑽しています
警備員教育の実施 警備員は、警備業務を適正に行うための教育を常時受けるとともに業務能力の向上について訓練を積み、さらに検定資格を取得しています。警備のプロとしての警備業務に必要な法律関係や警備の業種に対応した車両の誘導、巡回警備、事故発生時の処置、救急蘇生法、警察機関等への連絡要領などの知識技能を有しています。

採用→新任教育→現場配置→現任教育
新任教育
    新任教育
  • 警備員として採用したときは30時間以上の基本教育、業務別教育を行わなければ警備現場に配置できません。
    (※有資格者、警備業務の経験年数によって減免があります。)

現任教育
    現任教育
  • 現に警備業務に従事させている警備員に対しては、毎年4月1日から9月30日まで(前期)と、10月1日から翌年の3月31日まで(後期)の教育期において、それぞれ基本教育3時間以上、業務別教育5時間以上、計8時間以上の教育を行っています。(※有資格者によって減免があります。)
  • 現任教育は各警備会社で実施しているほか、(一社)岡山県警備業協会においても、施設、交通誘導警備員を対象に行っています。

指導教育責任者等の講習

    指導教育責任者等の講習
  • 警備員の教育を担当する責任者を育成するため岡山県公安委員会の委託を受けて「警備員指導教育責任者講習」及び「機械警備業務管理者講習」を行っています。
  • 講習終了後に修了考査が行われ、合格者は公安委員会への申請により警備員指導教育責任者資格者証が交付されます。
  • 警備業の認定を受けるためには当該企業において警備員指導教育責任者を選任することが絶対的要件となっています。

警備員指導教育責任者講習種別及び講習時間

警備員指導教育責任者講習は、新規取得講習・追加取得講習・現任講習の3種別に分類し、さらにそれぞれ業務別4種類(1号・2号・3号・4号)に区分され、種別により講習時間が異なります。
⇒警備員指導教育責任者講習種別及び講習時間について詳しくはこちら

講習会等スケジュール

各講習・研修の日程は会員専用ページのスケジュールにてご確認ください。
⇒会員専用ページはこちら
※岡山県警備業協会会員のみ閲覧可能で、会員専用IDとPWが必要です。IDとPWが分からない方は、岡山県警備業協会までお問い合わせください。

一般社団法人 岡山県警備業協会
〒700-0824 岡山県岡山市北区内山下2-11-18
TEL:086-231-6240 FAX:086-234-0356
E-mail:otoiawase@okakeikyo.or.jp